The Red Ivy


 2018年11月ごろに作った曲。CマイナーとDマイナーの、2種類がある。

 なお、この曲は「くそポップス」を目指して製作されその結果、大して思い入れもくそもないので。なんかコメントとかも特にない。


和訳 原文(English)
僕は優しい声を聴いた I heard a gentle voice
樺の木の葉が落ちる夜 Night where birch leaves fell
ロビンは悲しみを歌っている Robin a singing the sorrow
今日は寒い夜だ Today is a cold night
それについて語るのは簡単なことじゃない Not easy; Talk about it
ありふれた悲しい物語 A familiar sad story
秋の中に佇む樺の木のような Like a birch in autumn
孤独な夜が今日も訪れる A lonely night comes to me
僕はずっと、あなたのことを待っている I've been waiting for you ever since
時間はあれから随分と流れていたようで Time goes by since then
刺すような痛みを与えてくる赤いツタは、僕の脆い心を覆うほどに成長していた The red ivy that gives stinging pain grew to cover my brittle heart
僕はずっと、あなたのことを待っている I've been waiting for you ever since
時間はあれから随分と流れていたようで Time goes by since then
じきに春がこの草原に訪れるというのに、 Spring will soon come to the grass,
あなたはここにいつになったら帰ってくるのだろうか? but when will you come back to my hand?
僕は冬の呼び声を聴いた I heard a winter call
樺の木の葉が落ちる夜 Night where birch leaves fell
ロビンは悲しみを歌っている Robin a singing the sorrow
今日は寒い夜だ Today is a cold night
僕はそこでリスを見た I saw a squirrel there
樺の木の葉が落ちる白昼 Noon where birch leaves fell
僕は悲しみを歌うだろう I will a sing the sorrow
今日は寒い、寒い夜だ Today is a cold night
僕はずっと、あなたのことを待っている I've been waiting for you ever since
時間はあれから随分と流れていたようで Time goes by since then
刺すような痛みを与えてくる赤いツタは、僕の脆い心を覆うほどに成長していた The red ivy that gives stinging pain grew to cover my brittle heart
僕はずっと、あなたのことを待っている I've been waiting for you ever since
時間はあれから随分と流れていたようで Time goes by since then
じきに春がこの草原に訪れるというのに、 Spring will soon come to the grass,
あなたはここにいつになったら帰ってくるのだろうか? but when will you come back to my hand?

※補足

タイトル:
 直訳すれば「赤いツタ」となる。それ以上の意味はない。


← 前のページへ戻る