Silver Wheel


 2018年1月ごろに作った曲を、2018年12月にリメイクしたのが↑の曲です。

 ウェールズ神話をモチーフにしているともいえる。


和訳 原文(English)
銀色の埃が降る夜、 Night when silver dust falls,
燃え盛る馬が星空を走った。 a blaze horse runs in the starry sky.
冬はこの場所から去っていき、 Winter was gone this land,
春がドアを叩いた。 spring bangs the door.
海風が吹く夜、 Night when the sea breeze blows,
鳥たちが夜空に歌をうたう。 a bird sing songs in the starry sky.
夏はこの場所から去っていき、 Summer was gone this land,
秋がドアを叩いた。 Autumn bangs the door.
移り変わる時の中で。 In the flow of times.
女神の銀車輪は回転する。 The silver wheel of the goddess turn.
生命は生まれ、育ち、やがて死んでいく。 Life is born, brought up and died.
女神の銀車輪は回転する。 The silver wheel of the goddess turn.
弾丸の雨が降る夜、 Night when bullet rain falls,
戦車が燃え盛る地を走った。 a heavy tank runs in the blaze land.
人間はこの場所から去っていき、 Human was gone this land,
悲しみがドアを叩いた。 grief bangs the door.
荒れる嵐が襲う夜、 Night when the mad storm blows,
死神が墓場で歌をうたう。 a death sing songs in the a graveyard.
人間はこの場所から去っていき、 Human was gone this land,
バンシーがドアを叩いた。 banshee bangs the door.
永遠に終わらない物語、 Stories of never ending,
永劫に続く夢。 dream of everlasting.
円環は回っている; The circle repeating;
この物語はいつ終わるの? when does this story finish?
移り変わる時の中で。 In the flow of times.
女神の銀車輪は回転する。 The silver wheel of the goddess turn.
生命は生まれ、育ち、やがて死んでいく。 Life is born, brought up and died.
女神の銀車輪は回転する。 The silver wheel of the goddess turn.

※補足

タイトル:
 そのまんま「銀車輪」って意味です。ウェールズ神話に登場する女神、アリアンロッドの「銀車輪」が由来でもあります。
 同時に、本館に掲載している小説に登場する高位の神が持つ「銀車輪」でもあります。

銀色の埃:
 「細氷」のことを言ってます。要するにダイヤモンドダストと同じです。

燃え盛る馬:
 「流れ星」のこと。

女神の銀車輪:
 ウェールズ神話の中でアリアンロッドが持つ銀車輪は、時間を司ります。銀車輪が回ると、世界の時間が流れるのです。その為、彼女は常に銀車輪を回しているとされていたりもします(尚、文献によりけり)。

バンシー:
 人の死といった不幸を、家の前で泣きわめくことで事前に報せてくれる妖精。事前に報せるだけなので、危ない存在ではないけれど。うるさいだろうし、歓迎される存在ではないんだろうね。

サークル:
 始まって終わって、また始まって終わって、また始まって……――を繰り返す物語。本館を参照。


← 前のページへ戻る